保証イメージ

竣工後の住まいの点検

一昨年度末に引き渡しさせていただいた彦根のM様邸の竣工後の点検に行ってきました。

引き渡したばかりのまっさらなお家から、オーナーご家族の色に染まった素敵な家になっていました!

点検の項目に沿って不具合がないかなど確認して、オーナーさんに住まいの温熱環境についても聞いてみました。

 

M様邸では、家の暖房器具はリビングにある床置き型のエアコン一台で冬季の暖房をまかなっています。

点検にお伺いした12/24は、冬型の気圧配置に変わり山陰から北海道にかけての日本海側では雪予報が出ている寒い日で、彦根でも9-12時で9度前後の気温という寒い日でした。

M様邸は、1階が約19坪(18畳LDK、4.5畳和室)、2階が約13坪(主寝室、子供室2室)の間取りですが、床置きエアコンは24時間の弱運転(上下送風)で運転していて、夜間に切ることもたまにあるという使われ方をしています。

この日、玄関にある温湿度計(写真左側)は16.6度、リビングの温湿度計(写真右側)は23.0度でした。

あまりに寒い日は弱運転ではない、通常のエアコンとして使用されることもあるそうですが、基本的には弱運転で家中とてもあたたかいですとおっしゃってくださいました!!

 

家づくりはお引き渡しでひと段落しますが、オーナー様ご家族にとっては住んでからが本番です。

住んでみてほっと心も身体も落ち着けるような「居心地の良い環境」を提供するためには、温熱環境を左右する家の断熱性能を高めることが欠かせないということを、こういった点検の場で改めて再実感します。

家の規模や間取り・ご予算・ご家族の暮らし方から考えられる「最善の家づくり」を、今後も提供していけるように頑張ります!!

 

※期間限定で床下エアコンの体感見学会を行っています。

見学希望の方はメールフォームよりお申込みください。

関連記事

  1. 「baum x baum」が始動します!!

  2. 施工事例

  3. 事務所の温熱環境

  4. baumxbaum事務所内観

    新しくスタッフが加わりました

  5. お引き渡し*東近江N邸

  6. 事務所内観ストリートビューの撮影

  7. エネルギーパス 資格認定講習会

  8. 事務所の植栽

PAGE TOP