着工~基礎工事*追分の家

追分の家の工事レポートです。

地鎮祭の後はまずは土工事から。

敷地は傾斜地のため、ガレージを設ける地階部分の土を掘削してから基礎工事を行います。

掘削の後、建物全体を支えるための杭を打ちます。

杭は建物の荷重がかかる箇所に埋め込み、中央の空洞には基礎と同等のコンクリートで中埋めします。

杭の波打った形が地盤をとらえて、建物全体を支えてくれます。

今回は住宅の規模も大きいので、20本以上の杭を打っています。

 

杭打ちの工事が終わると、いよいよ基礎工事へ。

まずは捨てコンクリートを打ちます。まずは敷地奥の1階部分を打設し、地階部分へ。

丸く見えるのが、支持杭の柱頭です。地盤の支持層まで10M以上杭は伸びています。

 

次いで、基礎配筋・型枠を組んでいきます。

今回は地階部分はRC造なので、躯対の立ち上がりの配筋が伸びています。

配筋検査も無事終了して、基礎部分のコンクリート打設へ。

約1ヶ月半ほどかかって、基礎工事までが完了しました。

現在は躯体工事へ取りかかっています。また工事が進んだらレポートします!

 

岸本

関連記事

  1. 地階RC造 躯体工事*追分の家

  2. 上棟・大工工事・外壁選び*大将軍T邸

  3. 着工・上棟・断熱工事 *彦根 松原Y邸

  4. 上棟 *彦根K邸

  5. 外装工事*平田K邸

  6. 薬局の内外装改修

  7. 内装工事*愛荘町K邸

  8. 写真撮影 *愛知川K邸*

PAGE TOP