設備配管と土台伏せ*東近江N邸

東近江N邸の現場レポートです。

基礎工事が終わって、給排水の設備配管の設置と土台伏せの工事が進んでいます。

給水・給湯はサヤ管ヘッダー工法が標準仕様です。

洗面脱衣などにある床下点検口の近くにこのヘッダーを配置することで、竣工後の定期点検もしやすく、また将来配管交換が必要になった際にも工事が容易になります。

専用の金具で、配管がごちゃごちゃしない様にきちんと固定していきます。

 

給水・給湯の設備配管工事の後は、いよいよ木工事のスタート、土台敷きです。

柱や横架材、耐力壁から伝えられる建物の荷重を、基礎に伝える大事な礎の部分です。

井桁に土台と大引きを組んだ後、構造用合板でさらに水平の剛性を取ります。

そこまで工事が完了すると、いよいよ家づくりの一大イベント「建て方」です!!

 

東近江N邸は、今週建て方を予定しています。

その様子はまた改めてブログでお知らせします!

 

岸本

関連記事

  1. 竣工写真撮影 *多賀H邸

  2. 内部階段*愛荘町K邸

  3. 地鎮祭~建て方*平田K邸

  4. 地階RC造 躯体工事*追分の家

  5. ご契約*追分の家

  6. 地鎮祭 *彦根N邸*

  7. 工事完了とお引き渡し*多賀H邸

  8. 内装工事*愛荘町K邸

PAGE TOP